新築一戸建て 完成済み物件と完成前物件

家を買うには完成済み物件完成前物件とがありますね。
 
完成前物件はいま建てている途中の家とまだ土地だけの状態のものがあります。
 
メリットは完成済みの物件に多いのは間違いありません。
 
完成済み物件なら、家の中に入って隅々まで、実際の住み心地をじっくりとチェックできますから。
 
イメージとのずれが少ないことが最大の安心材料です。
 
完成前だとどうしても勝手な理想像で足りないイメージを補完しますから、
「あら~こんなはずじゃなかったのに~!!」
というようなことが頻繁に起こります。
 
意外と圧迫感があった。狭く感じた。
 
家の中が隣から丸見えだった。

南向きだから大丈夫だと思ったのに日当たりが微妙だった。
 
外の道路の音がけっこううるさかった。
窓はしっかりしているのに排気口から音ががんがん入ってくる・・・
 
 
など。
 
 
やはり目で見て確認できる完成済み物件は安心です。

関連記事

  1. 新築一戸建てのチェックの立会い
  2. 新築一戸建てを建てているところですが、写真は撮るものですか?